最新記事
カテゴリ
Archiveα+Daycount

ランキング

2種類のランキングに参加しています。 良かったらポチッとしていただけると嬉しいです☆

☆にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドアクセサリーへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

☆FC2ブログランキング

検索フォーム

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

新居の照明

2010.01.31(00:31)
今回も前回に引き続いて新居についてです。

今回こだわったものの一つに、『照明』があります。

正直何も知識がなかった段階では、ダウンライトなどでスタイリッシュに・・・
程度の考えしかなかったのですが、
積水ハウスさんの納得工房という施設を見て、こだわるきっかけになりました。

納得工房というのは積水ハウス自体の工法などの紹介等もあるのですが、
それ以外にも積水ハウス以外で建てる人も見たら面白いし参考になるかも!
という、住まいの情報がたくさん詰まっています。
その中で、照明の体験ルームがあり、そこで『間接照明』を知りました。

間接照明というのは、照明器具から直接光を当てて明るくするのではなく、
天井や壁に光を反射させることによって、明るさを取るという照明なのです。

聞いただけだと十分な明るさが取れないように感じるはずです。
現実、納得工房で体験した私たち夫婦と義母さんは、
明るさもあると感じた私たちは、とても間接照明に興味を持ちました。
けれど、面倒くさがってこなかった義父さんだけは納得されませんでした。
なので、親世帯は間接照明はしておらず、義母さんはちょっと残念がっていました。

で、私たちの間接照明は、『コーブ照明』という手法にしました。
コーブ照明とは、天井面を照らす手法です。
私は『コーニス照明』という、上から壁面を照らす手法もいいなと思ったのですが、
コーニス照明の場合は、上部から壁面を照らすという性質上、
角度によって下から照明が直接見えることを夫が指摘したため、やめました。

私たちのコーブ照明は、キッチンはカウンターで、
カウンターの先はダイニング、さらにその先にはリビングという、
長方形のLDKで、片側の壁はまっすぐ一直線になっています。
もう片側は、階段を上ってきて開けるドアの分直線ではありません。

はじめは私たち夫婦は、テレビを置くほうの壁の約3Mをコーブ照明にしたいな・・・
などと漠然と考えながら、こういう照明がしたいと、
WEBで検索した参考画像をいくつか担当の方にメールで送っていました。
そして、次の打ち合わせの時、設計士さんがとてもイキイキした風に話しされたのが、
思っていた壁ではなく、LDKが一直線にまっすぐになっている壁の方を
この7M、ずどんと間接照明にしましょう!という提案だったのです。

次回、続く!


良かったら↓ポチッとお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドアクセサリーへにほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://chocoprich.blog23.fc2.com/tb.php/43-a8b0c28e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。